DEGEN DE1103 感度悪くなった ( 3 )

感度が激悪になったオレのDE1103。RFアンプのFET(2SK2394)が壊れたと思われ、代替の2SK3557を今週になってエリスネットから購入!。最小購入単位が30個(合計で1140円)だったがしょうがない。7月15日の夜に発注して19日納品でした。ちょうど30個の2SK3557はテーピングで納入されました。 DE1103のRFアンプの前に静電気対策としてダイオードをGNDと電源間に追…

続きを読む

DEGEN DE1103 感度悪くなった (2)

webで調べてみたら、DE1103のRFアンプの2SK2394、SANYOのサイトに記述があり、 http://www.semiconductor-sanyo.jp/images/discrete/pdf/audio.pdf で2SK3557っていうのが "Enhancement product against the Electro static discharge damage tha…

続きを読む

DEGEN DE1103 感度悪くなった

半年程前からホイップアンテナ受信の感度が悪くなったなぁって思っていたが、今度は外部アンテナ端子の受信感度が悪くなった。(せっかく偶数周波数NG問題を改善したばかりなのに、またかよって感じだ。) DE1103は静電気に弱いのかも?webで探すといろいろ記述されている、RFアンプのFET(YJ-7:2SK2394)が壊れるらしい。 回路はホイップアンテナ利用時はRFアンプを一段通してから…

続きを読む

DEGEN DE1103 2nd OSC 正常化

偶数周波数が受信できない障害発生したオレのDEGEN DE1103。 2nd OSCは奇数周波数だと正常なので、RFスイッチD501 1SS135の交換だ。 基板裏面・・・シールド板を外して、2nd OSC部分を確認する。 交換用の1SS135は無いんで、片足を基板裏面から半田浮かして、代替として入手したBA892をR620 10kにパラ接続。 組み立てて動作確認すると・・・…

続きを読む

DEGEN DE1103 調子わるい

ここんとこオレのDEGEN DE1103が調子悪い。 現象は偶数周波数が受信できないのだ。たとえばTBS 954kHzだったら 次の様な感じ 953 OK 954 NG 955 OK 956 NG すべての周波数で同様の障害。リセットしても電源抜いても復帰せず。ドライヤーで加熱すると正常動作となる。 どうもH/W的な障害らしい。 このラジオ、正常時は1stOSCは2…

続きを読む

TECSUN PL-200 と DEGEN DE1103

中国出張だからと日本から持ってきたDEGEN DE1103と中国現地で購入したTECSUN PL-200とで早速並べて写真とってみました。 実際使ってみると、結構PL-200はいいねぇ。小さくて軽いし、ボリュームつまみが別にあるし、電池が単3が2本だし。なんかかなり期待してます。

続きを読む

愛好者3号(DE1103)音声ひずみ改善

愛好者3号(DE1103)音声ひずみについてですが、改造完了しました。 TA2057Nの17番ピンに10kohm程度の抵抗を追加するとGoodです。 理由は・・この17番ピンは反転アンプのマイナス側の端子が出ていて、内部の帰還抵抗は約20kohmですので、オリジナルではゲインが高すぎ出力信号はクリップしていたんですね。10kohm程度の抵抗を追加してやると、適度なゲインにおさまってひずみはな…

続きを読む

中国製ラジオ(愛好者3号)の音声ひずみについて

中国製ラジオ(愛好者3号)の音声ひずみ波形を測定しました。検波IC TA2057の出力端子12及び13pin出力波形です。しっかりひずんでいる事がわかりました・・・トホホ。見た感じ音声波形の下側でサチッている。サチる電圧が0.3V位なので、振幅が大きすぎる模様。Webでサーチしてみると確かにこのDE1103の音声ひずみは問題視されている欠点ですね。さて、この東芝さんの検波ICですが、本来こんなに…

続きを読む

中国製ラジオ(愛好者3号)購入しました

USのshopping/Auctionサイトのebayに出品していた人から中国製ラジオ(愛好者3号:DE1103)を購入しました。価格は約$44+送料$20でした。このラジオ、受信周波数100kHz~29.999MHz、76~108MHz。SSB受信可能なちゃんとしたBCLラジオなのだ。最近このラジオはひそかなブームの様。感度や選択度は良好ですが・・・音のひずみがなんともひどい欠点です。まぁ回路…

続きを読む